どの赤ちゃんにも可能性がある乳児湿疹|原因を調べよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

健康に優しい機材

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーを設置して家族が理想とする水を手配すれば、効率的に赤ちゃんの健康を守ることができます。ウォーターサーバーは業者や製品の種類によって様々な性能が取り付けられています。温度設定からチャイルドロックの有無まで良く選んで製品を手に入れましょう。

もっと読む

夏のお出掛けは

婦人とベイビー

赤ちゃんの肌は敏感のため、紫外線を直接浴びてしまうと日焼けで肌トラブルが起きてしまうことがあります。そうした状態を防ぎたいのならば、赤ちゃん用の日焼け止めを利用してみると効果的です。肌に優しい成分でできているため、安心して赤ちゃんの肌を紫外線から守ることができます。

もっと読む

赤ちゃんに出来る湿疹治療

乳児

湿疹の症状を知り治療する

乳児湿疹はどの赤ちゃんにも可能性が有り、症状や原因は異なる為に落ち着いて対処する事が大切です。赤ちゃんの肌はバリア機能が弱くデリケートである為、多くの肌トラブルが起こりやすいです。乳児湿疹には、乳児脂漏性湿疹やオムツでのかぶれ、あせもやアレルギーが原因のものなどがあります。生まれて間もなくしてから顔や体に症状が出てきますが、多くの場合は放っておけば自然に治ります。自然治癒しない場合には、原因を断つ事が大切であり何が湿疹の原因であるかを特定してあげる必要があります。赤ちゃんにも大人と同じようににきびが出来て、ほっぺたやおでこから顔全体に広がり顔が真っ赤になる事があります。入浴する際には顔をしっかり洗ってあげる事でケアする事が出来ます。

症状に合わせてケアする

乳児湿疹には様々な原因があり、自然治癒が難しい時にはその原因を根絶してあげる事が必要になります。乳児脂漏性湿疹は、多くの赤ちゃんに発症する可能性が高い湿疹です。顔や頭にかさぶたが出来たりフケが出てきたりしますが、かゆみは少ないので症状に気付く事が遅れる事があるので注意が必要です。母体から得た女性ホルモンが影響し、皮脂分泌が過剰になる事で毛穴は肌の表面に汚れが溜まりやすくなって炎症を起こします。入浴した際にしっかりと洗って、肌を清潔に保つ事でケアする事が出来ます。あせもも乳児湿疹の一つであり、暑い季節や起きる事の出来ない時期の赤ちゃんに多く発症します。首のまわりやおしりに出来やすいので、蒸れた環境を出来るだけ改善して小まめに着替えさせるなどの対策が必要です。

赤ちゃんを考えた服選び

眠る赤子

ベビー服選びで大切なのは、値段ではありません。敏感な赤ちゃんの肌を考えて、肌にいい素材のものを選びましょう。また初めての子育てで不安なのは、誰でも同じことです。だからこそ、同じように悩んできた先輩ママたちの意見を参考にすることも大切です。

もっと読む